スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
衝山路をお散歩
2008 / 09 / 30 ( Tue )
              


国慶節の連休中ですので今は上海へも中国各地から観光客が
わんさかおしかけてる訳ですよ。という訳でベタベタ観光地は
恐ろしい人出になってるであろうということ。外灘?それはちょっとヤバイねと、
先日ハルパパ☆の会社の同僚上海人の方にも日本語で
さらっと言われちゃいました。まだベタベタ観光地も行ってないので
時間もあるし行く気満々だったけど、よくよく考えてみれば先は長いのだ。
いつでも行ける。やめとこ。
だって上海、ほんま人多いですよーーー!
人ごみそんなに苦手じゃないハルママ★も慣れてないからかなんか疲れるんだ。
さすが人口13億人の国。なんか人見てるだけでパワーを感じるわ・・・。


という訳で観光地でもなんでもない(と言っても必ずガイドブックに載ってるけど)
徐家匯エリアへ。その中心となる衝山路一帯は
旧フランス租界地エリアだけあって、なんだかこ洒落た雰囲気ですわ~。
人もまばらだし歩いてる人も皆静かだし、はー落ち着く。
洋館があちこちに残されていてまたそれがいい感じに改装されて
レストランやSHOPになってるんです。
どんどん開発され、猛ピッチで進化してるのであろう上海のビル群も
素直にすごい・・・と思うけれどハルママ★はこっちの雰囲気の方が好きだな~。



              
              



本日は地中海料理のお店アルグラでディナーを♪
店内が暗かったからかなんかあまり上手く写真撮れなくてちょっと不本意なのですが、
居心地のよい素敵な空間でしたよ。あっ!中華一辺倒だったハルママ家ですが、
中華じゃないのですよ!上海はもうびっくりするぐらいレストランは
インターナショナルなラインアップ。世界中のお料理が楽しめそう。
上海在住の日本人はあんまり中華に行かないのかな?と思うぐらい。
中華はやっぱり大好きなので上海でも美味しい中華レストランを見つけてみせる!
っていうか絶対あるよね!とは思っているのですが・・・
台湾が美味しすぎたからねぇ。でも上海は上海で
台湾にはなかったような雰囲気の中でお料理が楽しめそうです。
それも楽しみのひとつになったかな。



23 : 27 : 00 | 上海グルメ(各国料理) | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<<今日はのんびりDAY | ホーム | 楽しみひとつ。>>
コメント
--がんばっているね--

お久しぶりです。こんばんは

上海に上陸して早3週間が経とうとしているね。
早速、写真入りの記事がupされて感心しています。
乳製品や食品の安全について問題になっているけど
意外に高価なんだね、牛乳って。
あと素敵なレストランとか、イメージないんで面白いね。

ところでマンションはとっても快適そうでよかったね。
心配してた寝具はどうでしたか?
by: みづきママ * 2008/10/01 18:11 * URL [ 編集] | page top↑
----

台北にもPAULが出来たよ~。
結構高額なのにかなり売れてるらしいわ。
by: とも * 2008/10/01 22:11 * URL [ 編集] | page top↑
----

みづきママ

上海は素敵なレストランだらけですよ!
欧米人が多いから上海の街は中国~って感じも
そんなにしないよ。とはいえ、
あーーーやっぱり中国・・・って面も多いので
そのギャップを魅力と捉えたほうが方がいいのかしら?

牛乳、高いです。牛乳だけじゃなくって
物価は全体的に高いです。

寝具は私が持参したベットパット敷いたら
問題なく眠れそうです。旦那も
腰が痛いのちょっとマシって言ってるし。
やっぱり寝具って大切だね。


ともちゃん

PAUL上海はたくさんあるよ~
カルフールなんかにも普通に入ってます。
ただし半端なく高いので買ってるのは欧米人ぐらい?
って感じ。タルトなんかは美味しいらしいので
また試してみるわ。

by: ハルママ★ * 2008/10/04 13:08 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://harunatsuakifuyu.blog18.fc2.com/tb.php/715-cc118f16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。