スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
台北アテンド② ~ノスタルジック紀行~
2007 / 11 / 26 ( Mon )
                   九ふん


■11月21日(水)

お天気がすぐれなかったけどこの日は九処ヘに行くことに。
九処ヘは元から雨に降られる事が多い場所。
台北が晴れていたとしても着いてみたらありゃりゃってことが多いんです。
しとしと雨がなんとも似合うノスタルジックな街なので大雨じなけりゃOKでしょってことで。

今回は忠孝復興から出てる直バスで行きました。所要時間は80分ぐらいかな。
前回基隆まで電車、それからバスに乗り換えってルートで行ったら
えらく混んでて(休日だったからだと思うけど)ものすごく疲れた覚えがあるので
やっぱ直で行けるバスは楽ちん♪
ま、ちょっと問題あったんだけどね。まぁまぁその話はまた後で・・・

写真は映画「悲情城市」の撮影に使われた場所です。
映画の内容は全く知りませんが。
地球の歩き方の表紙にもなってるぐらいなんだから
台湾を代表する観光スポットと言ってもいいわね。

                  九ふんアーケード


狭い道沿いにお土産やと食堂がひしめいていて、すごい人の波。
平日でも観光客だらけだったから休日はすごいかも。相変わらず人気なんだなぁ。
急な石段も多いから間違ってもベビーカーは持ってかない方がいいと思うよ。
パパが頑張ってくれるんだったら良いけどけっこうハードだし面倒だと思う。

                  タロイモ


こちらはモチモチした食感の九処ヘ名物、タロイモ団子でございます。
小豆をミックスしてフーフーしながら食べるのが
しとしと雨でちょっと冷えた身体をあっためてくれてよい感じ☆

                      九ふん②


個人的にはなんでこんなとこに車停めてんのよ!って気に入らないんだけど
こちらはかつての映画館後。今も外観だけが残されています。

                      阿妹


ちょこっと雨脚が強くなってきちゃったので茶芸館に入ることに。
こちらも映画「悲情城市」の舞台になった店だという阿妹茶酒館


                      阿妹②


入れ方が分からなくても最初はお店の人がやってくれるから大丈夫。
あ~茶芸館でのんびりおしゃべり三昧、女同士の旅の極意かも!
台湾って社会人になってあまり休みがとれなくっても3泊4日ぐらいでちゃっと来れちゃうし、
おいしい物たらふく食べて夜な夜なマッサージ行って、茶芸館でまったり。
それだけが台湾じゃないではないか!と批難されようとも
女同士そういうのって、すっごく楽しい。
今はそういうの無理だけどいつかまたやってみたい。
何なら今の台湾ママ友メンバーで20年後ぐらいに台湾集合!ってどう?怖すぎ?(笑)

雨は降り止みそうになかったし一通り散策したので
この辺りで台北に戻ることにしました。
そして帰り道・・・
事件は起こった!
来た通りの道を、同じルートでバスが高速を走っていた時、突然後方でものすごい衝撃が!
あ!事故った!!!となぜか冷静につぶやきそうになったハルママ★


                  事故


う、後ろの車、ひっくり返っちゃってるんですけど~!
幸い荷台の荷物がクッションになって衝撃が少なかったのか?運転していた方にケガはなし。
ハルママ★達が乗っていたバスの乗客にもケガはなし。
ハルママ★達は一番前の席に座っていたからよかったけど
後ろに座っていたらもうちょっと衝撃あったかも!

今まで何度、高速で事故ってるバスを見たことか。
台湾に来た当初、バスで週2で台北の学校に通っていたこともあったけど
妊娠してからは「絶対危ないからやめた方がいいです」と知り合いの台湾人に言われ
電車に切り替えましたよ。それぐらい事故率は高いってことですな。
実際、こんな事故に出くわしても全く動じる様子のない台湾人。
そして何の説明もしてくれないバスの運転手。
一体いつになったら出発するのか?と聞いたら
次に来るバスに乗り換えろと言う。
次に来るバスってつまり20分置きに出てる次のバスがやってくるまで
待てってことなんだけど、それじゃ席はないかもしれない。
子連れで残り40分ほど立ちは厳しい。
席はあんの?って聞いたって「それは分からないけど多分大丈夫」と根拠のない答え。
(席はあったから助かったけれど)
この対応に両親はあんぐり。

両親は今年、日本国内をツアーで旅行していた時、
バスのタイヤに不具合があって途中、乗っていたバスを降りなければいけない
場面に出くわしたらしい。
日本の旅行会社はもちろんお客様にタクシーを手配。
そして申し訳ないことをしたとお土産まで用意。
同行していたガイドさんなんて何もできない自分が悔しいと涙まで浮かべたらしい!
その話を聞いたハルママ★、は~っと大きくため息つきたくなった。
ほんと日本的感覚だよ、それは。
日本ではお客様は神様
そんな感覚は全くここでは通用しないですね。
両親も日本のサービスの素晴らしさを実感したことと思います。
(怪我がなかったからこんな風に書いていられるけど、
まったくいらない経験だったかもね。)

無事に台北に辿り着き、両親はSOGOでお土産を調達。
そして、この日の夜はモダンな方のAobaで。
どれもとーっても美味しくて両親もとっても気に入ってくれました。
やっぱりここはレベルが高い!個人的にもまた行こうっと。
ということでこの日は終了~。
16 : 59 : 59 | アテンド@台湾 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<台北アテンド③~士林エリアとリベンジ~ | ホーム | 台北アテンド① >>
コメント
----

20年後に集合ってやってみたいね~!!
老け過ぎて見つけてもらえなかったら寂しいけど…。

あー、行った行った!
あー、食べた食べた!
と台北アテンドを楽しみながら読ませてもらったよ。
実は、今月末にパパの出張にくっついて台湾に行こうかと
思っていたんだけど、体調が今イチで諦めてしまった…。
生まれる前に行きたいんだけどなぁ。
by: ケンケンママ * 2007/11/28 21:37 * URL [ 編集] | page top↑
----

ケンケンママ

20年後だったら旦那も子供も放ったらかしにしても
大丈夫そうやん?(笑)
しかも台湾で集合。めちゃ楽しそう♪
やりたい。やりたい。

旦那さんたまに台湾出張があるんやね。
それはついていきたくなるよねぇ。
生まれたらほんと、しばらく動けなさそだもんね。
でも体調優先だな。
前回と違ってケンケンもいるんだから
無理は禁物よー!
by: ハルママ★ * 2007/12/02 01:36 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://harunatsuakifuyu.blog18.fc2.com/tb.php/515-acbf350b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。