スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
2007社員旅行⑤ 最終日
2007 / 10 / 20 ( Sat )
              20071020185927.jpg


■10月14日(日)

忙しかった数日も無事、あっという間に過ぎ最終日。
9時にチェックアウトを済ませた後、最後にマーライオンがいるワンフラトンへ。
シンガポールの街並みは本当に整然としていてゴミ一つ落ちていない。
マンションやビルの白さがやけに眩しい。
台湾みたいに古ぼけた感じや騒々しさが全くないもんね。
ただつくられた街だなぁという感じがして、
旅をする地としては何の魅力も感じないのが本音。
先日タイが大好きな友達がタイに行って来て
テンション高く旅の日記を書いていたけど
そこに「何と言ってもにおいが好き」みたいなことが書いてあった。
あ~分かる分かる分かる!と思って。
シンガポールは匂い立つものが何もないんだよね~。
(まぁ台湾はある意味いろんな匂いがするので(笑)
 来たことない人はComeOn~!ComeON~!)
なので今後、自らこの地を旅先にすることは
ないような気がするんだけど、ただ・・・
ここはなんとと言っても多民族国家であり世界のクロスロード!
3年ぐらいなら住んでみたいかも・・・なんて思いがよぎったりも(苦笑)
ここで暮らしたらどんな生活かな~なんてことにまで
想像がふくらんでしまうのが以前の自分ならなかったことだわ。
基本的には英語が使われてるけど中華系の人が多いから中国語も普通に通じたし。
ここに住めば中国語の勉強を続けながら英語の勉強もできるかな~
なんて思ったりね!

そんな風に思いがふくらんでも結婚して子を持つ身となった今、
自由気ままにふらふらと好き勝手な行動はとれないのである。
あぁ自由って素晴らしいのに自由な時はそれに気付かないのよね。
そしてそう考えるとただのイチ主婦でるハルママ★にとって
駐在生活の今って本当に貴重な時間なんだな~と
そんなところにまで思いは巡ったのであります。
社員旅行に参加できるのも間違いなくハルママ★一家は今年で最後。
会社の台湾の方たちはとても温かく、皆いろんな意味で優秀で
一緒に過ごしてとっても楽しかった!
社員旅行には家族一緒に・・・というのがあたりまえの台湾です。
日ごろ頑張れるのは親、兄弟である家族、
そして自分の支えとなってくれる彼や彼女がいてこそという考え。
だから当然のように皆自分の会社の旅行に身内だけでなく恋人も連れてくる!
自分の周りの人を大切にするのは当然のことだけどこれは日本では絶対無理だわね。

しかも社員である娘が産後2ヶ月だから今年は参加できないっていうのに、
その両親だけが参加してたりするんだよ!
元社員が社員の友達として参加してたりするんだよ!
絶対無理っしょ!!!
こんなゆる~くあったかい台湾で数年暮らしたハルママ★は
日本に帰ったら世知辛いなぁときっと嘆くことでしょう。
あ~来年は参加できないと思うとほんと、寂しいわ・・・。
23 : 02 : 20 | Travel | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<久々の送別会 | ホーム | 2007社員旅行④ まだまだ観光は続く>>
コメント
----

う~ん、素敵な社員旅行やったみたいね♪

確かにシンガポールは清潔で便利だけど
「その国の匂い」みたいなのが
あまりないね。
「各国・匂いフェチ」、私以外にも発見~♪笑

台湾は食事会も旅行も家族同伴が
当たり前やもんね。あの時は多すぎて
しんどい事も多かったけど笑、ハルママ★
の文を読んでとても良い思い出やったと
思ったよ~。なんかアリガト!

by: AI * 2007/10/21 22:56 * URL [ 編集] | page top↑
----

AIちゃん

や、別にフェチってほどじゃないねんけどな(笑)
しかも台湾は匂いと表現していいのか
臭いと書くべきなのか・・・迷うわ(笑)!

旦那の会社は食事会はたま~にやし
ほどよい感じなので私は喜んで参加してる方
だと思うわ~
by: ハルママ★ * 2007/10/23 23:53 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://harunatsuakifuyu.blog18.fc2.com/tb.php/488-74823800
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。