スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
僕も、僕も!
2006 / 04 / 19 ( Wed )
20060420002226.jpg


日が傾き始める頃の公園は、子供たちでいっぱいです。
特にこの公園の滑り台は人気があって、
いつも子供たちが群がってるの。
ハルを芝生で歩かせたりしたいんだけど、
やっぱり、すぐに、この滑り台の方に向かっていきます。

でも子供たちがすごい勢いで滑り降りてくるし、
高さもけっこうあるので、ハルに自由に遊ばせるには、
まだちょっと無理。
でも遊びたいって気持ちが先行するみたいで、
僕も!僕も!って感じで、一人で階段を登ろうとしました。
子供に突き飛ばされそうだし、
危険だから手をつないで上まで登ることに・・・。
そして、楽しかったのか、
何度も同じことをさせられました・・・フゥ。

安全の面に気をつかって公園で遊ぶのって、
ママにとっては、けっこうハードですねっ!

まぁ、最近は疲れるのか、
まとめてお昼寝もしっかりするし、
夜もぐっすり。
後追いもしなくなったし、
家では、ずーっと大好きな乗り物を手に遊んでいるし、
もーね、すっごく楽になりました!
一歳過ぎると、こんなに楽になるものかと、
最近しみじみ思うことが多いです。
っていうか、0歳代が大変すぎた(笑)
あれは、もー本当に大変だった。

これからも大変なことが山ほどあるんだろうけど、
きっとあの頃に比べたら・・・って思えるような気がする今日この頃です。

CLICK★↓Please
カワイイ☆ブログランキング5.gif


23 : 38 : 31 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<揺れる新竹 | ホーム | 突然の出来事>>
コメント
----

ハードですよねー。
ブランコで歌を歌いながらこいでたら、息切れしちゃいました。
石の滑り台、めちゃくちゃ滑りません?
一度一人ですべってとても怖かったです。
もっぱらプラスチック?の螺旋の滑り台を愛用してます。
はるかはなかなか一人で遊んでくれません。
毎日べったり。女の子だからなのかなー。
by: camecaco * 2006/04/20 01:33 * URL [ 編集] | page top↑
----

そーかぁ、一歳過ぎると楽になるのね。
お疲れ様でした??(^_^;)
急に手がかからなくなって寂しくないかな?
でもこれからは一緒に遊ぶのがどんどん
ハードになって、そっちに体力いりそうだね(^^)
by: あゆママ * 2006/04/20 17:39 * URL [ 編集] | page top↑
----

確かに、公園って結構疲れますね。
私もこの間、久々にブランコ乗ったら軽く酔いました(泣)
同じこと何度もやりたがるし・・・
写真の滑り台立派でうらやましい。家の近所の滑り台はしょぼいんだもん。

0歳児の頃は、ミルク、おむつの繰り返しだった気がするな。あっと言う間の一年だった。
お互い、お疲れさまでしたですね^^
by: くるみんママ。 * 2006/04/21 02:17 * URL [ 編集] | page top↑
----

かめさん

そうそう、石の滑り台って、めちゃめちゃ
滑りますよ。
子供達がものすごい勢いで
滑り降りてきて、こっちが怖いぐらいです。
はるかちゃん、かめさんにべったりなの?
ちょっと意外な感じがします。
男の子、女の子というより、
やはり、その子の性格によって、
ずいぶん違う気はしますね。

あゆママ

寂しいなんて、どんでもない~!
手はかからなくなったとはいえ、
まだまだ毎日一緒ですから!
幼稚園に通い出す頃に、
寂しく感じるってよく聞くけどね。

くるみんママさん

ハルママ★の場合は
0歳代は「ミルクおむつの繰り返し」
という印象よりも、
「泣かれる、吐かれる(おっぱい飲んだ後)
追われる(後追い)」
っていう印象が強いですよ(笑)
とにかく大変だったんです!

今は、まだ、よちよち歩きだしかなり楽です。
くるみんのパワーもけっこう、すごそう!!
by: ハルママ★ * 2006/04/22 02:07 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://harunatsuakifuyu.blog18.fc2.com/tb.php/170-e32f3106
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。